どのように機能するか?

「バイオ」は生命、「レゾナンス」は鳴り響く、又は共鳴するという意味です。

バイオレゾナンスは対称となる物体と同様の振動パターンを用いてその物体へ振動をもたらします。音叉(注:チューニング用の器具)が音、振動を得るために鳴らされているような状態です。もしくは小石を池に投げて水の波紋が円を描いて外側へ広がっていくのを見ることと似ています。それがレゾナンス=共鳴なのです。



指紋と同じように人はそれぞれ固有の振動一式を持っています。すなわち全ての物質にはそれ独特の振動があるのです。それは、なぜ音楽、色、香り、味、動物、他人、薬や色々な治療法に対して個々が異なった反応を示すのかを説明しています。私達は皆それぞれに異なった反応や対応をするのです。

バランスが崩れるのか?

右の図のように体を1つの樽とイメージして下さい。私達はこの樽が空っぽの状態で産まれてくるのですが、時が経ち歳を取るにつれて異なった周波数を持つ色々な物質が溜まっていきます。そして、それらの物質があまりに多く樽から溢れ出してしまった時に、私達の体内バランスが崩れて様々な症状が現れ始めます。言い換えれば、体が異常な周波数で満たされてしまったという事になります。

どうやって変化を起こす?

バイオレゾナンス・ メソドでは、バイコム・オプティマという機器を用いて様々な物質の周波数や振動幅に対する個々の反応をテストします。そして、正常範囲を超える周波数を感知した時にそれと正反対の周波数を出力し送り返します。そうすることで、問題を抱えていた振動を効果的に打ち消す事ができるのです。バイオレゾナンスは特定の症状や問題を身体から取り除く効果をもたらしてくれます。問題を引き起こしている周波帯を取り除いてあげれば、細胞は何の妨げもなく、正しい機能を取り戻し、健康な状態へと回復することができます。

施術中に何をするのか?

まず服を着たままベッドに座るか横になります。そして、体の数カ所に電極をあてて様々な刺激に対する体の振動数を測定し、問題の原因を特定します。次に正常な振動とそうでないものを区別するコンピューターへとその測定データが送り込まれます。そしてこれらの異常な振動を打ち消すために正反対の振動を体内へ送り込みます。

バイオレゾナンスは安全?

バイオレゾナンスはヒーリング系の音楽、ヒーリング効果のある色、ホメオパシーと同様に自然なものです。日光の暖かさを味わうのと変わりありません。それは病気を治すのではなく、振動を通して体内に溜まってしまった毒素やストレスの排出を促し、自己調整力ーすなわち、自然治癒力を回復させるのに役立ちます。

施術後に体がだるく感じたり、風邪やインフルエンザに似た症状を起こす人がいますが、これは調整が行われた為に出る体の自然な反応です。バイオレゾナンスは安全且つ痛みのない療法で、ほとんどの方は施術中何も感じませんが、ほんの少しの暖かさや身体に僅かなピリピリした感覚を感じる方もいます。
 

バイオレゾナンス療法(BRT)は体内に器具を挿入しないため子供や幼児、敏感な方にもご利用いただけます。

© 2017 by Bicom Yokohama