​アレルギー対策

赤ちゃんは生まれたとき、体内に溜まった毒素がないので「樽は空っぽ」と言うことができます。

赤ちゃんは健康で、まだ毒素が身体の中に蓄積されていないのです。

 

 

しかし、時が経って人が歳をとれば、毒素が体内に溜まる機会が増えます。

そしてやがて樽から溢れてしまう時点に達します 

つまり、身体の許容量は防衛力を越え、症状が現れて、私たちは病気になってしまいます。

© 2017 by Bicom Yokohama