QHHTセッション:虐待からのヒーリング 私の小さな友だちの勇気ある話

English follows below.

昨日、私はとても興味深いセッションがありました。クライアントさんの許可を得て、彼女のハイヤーセルフに私の質問を聞く機会を頂いたのです。いつもならこのようなことはしませんが、クライアントさんとは個人的な知り合いでもあり、彼女の質問を全て解決した後に、ほんの少し時間を分けてもらえることになったのです。

私が知りたかったのは、飼っている子犬、バニラのことでした。彼女が我が家にやって来たのは、昨年、主人の病気がきっかけでした。働き過ぎで体を壊した主人のために、普段の生活の中に楽しさと喜びが必要だと考えたのです。 ブリーダーさんの元から連れて来た時、バニラは生後わずか50日でした。とてもかわいいミニチュアダックスです。私たちは彼女がすぐに大好きになり、家族の一員としてお迎えできることをとても嬉しく思いました。 けれどもバニラはとても敏感で、神経質な子でした。最初は、新しい環境に慣れていないせいだと思っていましたが、どうやら、それだけが原因ではないようでした。どこかでトラウマとなる出来事を経験している気配があるのです。 彼女には、通常の子犬と比べて、気になる部分がありました。子どもの声を特に怖がり、家の中のどんな小さな音にも反応します。散歩に出かければ、まるで誰かがついて来ていないか確認するように、いつも後ろを振り返ります。常に何かにおびえていて、落ち着きがありませんでした。 私は、QHHT®プラクティショナーであると同時に、バイオレゾナンスのプラクティショナーでもあり、ホメオパシーの治療法を使います。 先月、私は、バニラの気分を和らげるレメディーがあるかどうか、彼女にテストしてみました。すると彼女にはボラックスと呼ばれるレメディが必要だと分かったのですが、該当する症状には、こう書かれていました。 「見捨てられることへの恐れ、何か恐ろしいことが起きるという予感、死が訪れたかのような恐怖で目が覚める、不安に伴う極度の緊張、強烈な感覚に促される吐き気」 これを読んだときの、私のショックといったらありませんでした。小さな彼女が、どれほどの恐れに苦しんでいたかを考えると、胸が締め付けられるようでした。こうした症状は、まさに彼女の様子を表したものでした。彼女の眼を見れば、私には分かります。 彼女はとても簡単に驚きますし、私が出かけてしまうときは、まるで永久に出て行ってしまうと思っているかのようにふるまいました。不安や恐れで、吐いてしまうことさえあったのです。 さらにその他にも、気になることがありました。彼女はとても貪欲なのです。もちろん、どんな犬もご飯が大好きですが、彼女の場合、まるで不安に駆られて食べているかのようなのです。食べ物はあっと言う間に飲み込んで、まるで底なしです。決して残すことはなく、ぺろりと平らげてしまうのです。散歩に出かけても、道に落ちているものは何でも食べてしまいます。それは犬に見られる傾向ですが、バニラは極端なのです。 私たちが、ブリーダーさんの元にバニラを迎えに行った日のことです。ブリーダーさんは、子犬が二匹しかいないと言いましたが、私にはそれが奇妙に聞こえました。普通なら、犬は2匹以上の子犬を産むものですからね。 その時のことがとても気がかりで、クライアントさんの親切な許可を得て、彼女の潜在意識(SC)にバニラの状況について聞いてみることが出来たのです。 「彼女はどうしてそんなに神経質なのでしょうか?」 SCが答えた内容に、私はとても驚き、悲しくなりました。私たちはバニラを生後50日目に迎え入れましたが、生後49日の間、彼女はずっと虐待されていたというのです。 ブリーダーさんのお母様は、バニラとその兄弟姉妹たちを、部屋を通る度に蹴飛ばしていたと言うのです。もともとは5匹の犬がいましたが、そのうちの3匹が亡くなりましたそうです。 ブリーダーさんのお宅には、全部で20匹の犬がいました。ブリーダーである娘さんが面倒を見ていましたが、SCによれば、彼女のお母様はそんなに沢山の犬に餌を与えることに腹を立て、重荷に感じていたため、犬たちを蹴飛ばすようになったのです。 バニラはその暴力を目撃し、自らも被害を受けていて、生まれたときから彼女の毎日はサバイバルでした。 「生き残った彼女ともう一匹は、他の兄弟に比べて賢い子でした。蹴飛ばされそうになると机の下に隠れたので、無事でいられました」とSCは言いました。 極度の飢餓状態についても、SCはこう教えてくれました。彼女たちは生後4~5日で母親から離され、お乳を飲むのも、ごく短い時間しか与えられなかったそうです。バニラの兄弟姉妹は、栄養失調と虐待からゆっくりと衰弱していったのです。

私はとてもショックで、悲しくなりました。質問を続けるのに、一度、深呼吸をしなければならないほどでした。これらは、すべて本当だろうと思います。 バニラが私たちと一緒に暮らせるようになって、とてもよかったと思っています。今では、彼女なしの生活なんて、考えられません。そして彼女は私の主人のことも、癒してくれました。リビングでダンスを踊り、主人のパジャマに嬉しそうに潜り込みます。 この話には、素敵な続きがあります。SCはバニラがこの経験から立ち直り、人間のことを信頼して、一緒にいてリラックスできるようになると言いました。そして、彼女が立ち直ることで、同じ問題を抱える他の犬を癒すことも出来るようになると言いました。鼻を押し当てて、癒すのだそうです。もちろん人間も癒せるようになるとのことでした。スーパードッグですね!これから彼女の変化を見るのが、とても楽しみです。

I had a very interesting session yesterday where the client kindly agreed to do a session swap in exchange for me asking questions of her higher self.

What I wanted to know about was my little dog. Her name is ‘Vanilla’. I originally got her because my husband was sick last year. He had been working much too hard and needed some love and joy in his life. We got her from a breeder when she was just 50 days old. She is a Miniature Daschund and extremely cute. We love her very much and are very glad she came to us.

She is very sensitive and nervous in disposition. At first I thought it was because she had never been taken outside but after a while it seemed to be more than that. I do think she has had trauma at some stage. She is terrified of screaming children and is generally extremely nervous. She jumps a mile high to every tiny sound in the house. She spends half the time looking behind her for a possible ‘bogeyman’ when we go out for a walk. She just generally seems to be scared and not at peace with herself.

Along with being a QHHT® practitioner, I also am a Bioresonance Practitioner. I use homeopathics for some bioresonance clients. Last month I also tested my little dog for a homeopathic remedy to help calm her anxious character. The test showed she needed a homeopathic remedy called, ‘Borax’. It is for ‘fear of abandonment, foreboding fear of something terrible happening, wakes up in a terrible fright, as if his (her) end had arrived, extreme inner restlessness coupled with anxiety, nausea caused by intense feelings’. It shocked me how much in fear she was.

All these symptoms seemed to fit her constitution. You can see it in her eyes. She is startled very easily. She looks like she thinks I will never return when I leave home to go out. She gets nauseous when anxious/scared and even vomits.

Anyway, with the kind permission of the client I asked the Subconscious (SC) about her situation, ‘Why is she so timid and nervous?’ And what the SC told me was shocking and very saddening. They said she was abused everyday of her first 49 days of life. I got her at 50 days old. The mother in the house she came from had been kicking her and the whole litter of pups, every time she walked past them in the room. Her daughter is the actual breeder, not the mother. But they all live together. They had about twenty dogs in total. The SC said the Mother resented having to feed all these dogs. It was a burden. So when I went to pick up Vanilla they told me there were only 2 pups in the litter. I immediately thought that was strange… Even though that is possible, dogs usually have a few more than two in a litter.

Another thing that has really got my attention since we got her is that she has always been extremely ravenous. I know dogs love their food but this is really an anxious type of eating. The food doesn’t touch her sides when she swallows it. She is a bottomless pit! She never leaves any food. Just stuffs it in as soon as she can. And hence she eats anything when we go for a walk. I know dogs can be like that but Vanilla is extreme!

Regarding this the SC said the pups were removed from their mother 4- 5 days after birth and just given short bursts with their mother for feeding. Vanilla was much smaller than her brother. The SC said some of the pups did not get enough nutrition because they were not given enough time to drink milk….The others slowly died from a combination of injuries from her kicking them and malnutrition. I think that could all be very true.

But I am very grateful to her because she is here with us now, we love her and can’t imagine life without her. And she is healing my husband! He even dances around the living room with her in his pajamas!

And to finish the story on a nice note, the SC told me that Vanilla will heal from this experience, start to trust people and be able to relax. And after she heals she will then heal other dogs with a similar kind of problem. She will be able to do this because she has lived through the same kind of thing and healed from it. She actually chose to experience it so she could learn. Once healed she will heal by rubbing noses with other dogs. And the SC also said she will be able to heal humans too! Wow! Super dog! So it will be lovely to watch her transition over the coming months.

©Jane Ishii 2018

You may copy and redistribute the contents of this blog article as long as the body of the text is not altered in anyway and is presented as quoted text. The text must be complete with the links below included.

Jane Ishii

Level 3 QHHT® Practitioner

Japan & Australia

www.bicom-yokohama.com

www.bicomyokohama.net

https://www.facebook.com/bicomyokohama/

https://www.instagram.com/bicomyokohama/

https://www.youtube.com/channel/UCvXsSBDxIBreRluOPL03D_g?view_as=subscriber

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 by Bicom Yokohama