地球から大事のメッセージ PART 1

August 23, 2018

English below.

たった1週間という短い間に3名の異なるセッションの中で、とても良く似たメッセージがありました。この事は偶然ではなく必然だ、多くの人に伝えるべきだと思い、今回クライアント様の許可を得た上で、この3セッションの詳細を皆様に紹介したいと思います、内容は3回に分けて投稿します。

 

 

最初にご紹介するクライアントは、ビジネスで大きな成功を収めた後、現在はビジネスから離れ、社会人学生として大学院で学んでいる男性です。その男性はなぜかどうしても合格できない試験があり、セッションへやってきました。

大変優秀な方であるにも関わらず、どうしても一つの試験だけうまくいかないというのです。

個人情報の為、詳細は伏せますが、その試験は特殊な通信に関連するものでした。

その男性いわく、ある試験の際だけ、席に座ると急激に不安に襲われ、鼓動が早くなり、汗も噴き出てきて、頭の中が完全に真っ白になってしまうということでした。

試験の前には相当な量の勉強や練習を行っているにも関わらず、受けるたびに同じことが起こり、同じ試験を3度受けても合格できませんでした。他の試験に関しては問題なく合格できたのに、なぜひとつの試験でだけ、こんなことが起こってしまうのか、男性はうまくいかない理由が全くわからないことでフラストレーションを抱えており、理由が知りたい一心でQHHTのセッションへいらっしゃいました。

このセッションで興味深かったのは、このクライアント自身は非科学的なことにあまり興味がないにもかかわらず、潜在意識はセッションの中で超常現象についての話をしていたということです。

 

 

セッションを始めると、男性はすぐにとても深い催眠へ入っていきました。

潜在意識は最初に、西洋医学のシンボルである、蛇が剣に絡まっている紋章を男性に見せました。

彼が勉強していた通信は、彼自身を癒すものであり、音を聞くことで癒しを得られるものだと潜在意識は説明しました。またそれ以上に、その通信は自然界に住む森の精霊と交信をするためのもので、精霊が今の世の中にメッセージを伝えたがっているというのです。試験の際にその方に起こっていたことは、精霊たちがメッセージに気づいてもらうため、わざと起こしていたことでした。彼が試験に落ちる理由を探ることで、メッセージに気づかせるように仕向けたのでした。結果的に彼はQHHTに来たことで重要なメッセージを受け取ることができました。

男性のルーツは自然の中にあり、精霊たちは、彼を通して世界に対してのメッセージが送りたいのです。そのメッセージとは「人間が自然を破壊している、もともと森の中におとなしく眠っているものをあまり刺激してはいけない、人間が森の中にいるものを壊してはいけない」というものでした。これは、クライアントの男性個人にとってというより、地球にとって大事なメッセージだということでした。

潜在意識から受け取ったのは下記のようなメッセージでした。

 

・森の精霊だけでなく、温暖化により氷山が解け落ちてしまうときに、その氷山の中にいる魂が「助けてくれ」とメッセージを発している。その魂たちが困っている。

・日本の中ではそういうメッセージを発している場所は多くないが、東京タワーのふもとにある芝公園にメッセージを発するものがある。「セミが鳴いている、そういう自然な状態をずっと保つよう、これ以上を色々なものを壊すな、自然が壊れていく。車の排気ガスなどによって気候が暑くなることでセミがちゃんと暮らせなくなるようなことをするな、破壊するな。」というメッセージを伝えている。

 

・男性自身は自然を壊しているわけではないが、彼は、これらのメッセージを多くの人へ広く広める方法で伝える必要がある。他の人へ働きかける事が必要。友達に言うぐらいでは足りないので、もう少し大きな力にして頑張って欲しい。自分自身が動くのではなく、別の親しい人にうまく伝えるのがいい。その人達が自然の魂からのメッセージを多くの人へうまく伝え、同時にメッセージを伝える人たち自身の生活や今困っている事を、合わせて解決出来るような状態に出来る事が一番いい。

・もしこのメッセージを皆に伝えることができないと、セミが鳴き続ける暑い世界になってしまう。地球は灼滅地獄になり、焼けて皆死んでしまう。肌が焼けこげて焼き滅ぼされてしまう。

・今年の夏が特に暑いのは、もういい加減に人間が好き勝手な事をするのをやめなければいけないと皆に気づかせるためだが、人間は気づけないでいる。人間は暑いのはしょうがないと言っているが、暑くさせているのは人間自身のせい。

・自然を守るためには木も大切だし、水も大切にしなければいけない。多くの人が自然を壊そうとは思っていないにも関わらず自然が壊れていくのは、それによって儲かるひとたちがたくさんいて、その人たちは自分のことしか考えていないから。彼らは次の世代や地球のことを考えていない。

・地球がおかしくなると、地球だけでなく、月や他の宇宙にも迷惑がかかる。悪い電波が地球から出ていて、遠くの惑星まで悪い影響を与えてしてしまっている。今のうちに悪い影響を止めないと、他の惑星から「地球は何をやっているんだ」と言われて、他の星が生き延びるために「先に地球を滅ぼしてしまえばいい」となってしまう恐れもある。もしそんなことになれば、地球は蒸発してなくなってしまう。消しゴムで消したみたいに消えてしまう。

 

 

 

これ以降に実際の潜在意識とのやり取りを記載します:

 

ジェーン(J): 彼はそのメッセージを(誰かに)伝えればいいですか?

 

潜在意識 (SC): 森の精のメッセージとともに、南極か北極の氷山、氷、その中にもいる魂ともコンタクトをしろ、というメッセージがあります。

 

J: 彼は氷山に行けばいいですか?

SC: いや、そこに行くよりも、温暖化で(氷山が)溶け落ちて、その時に(氷山の)魂が叫んでいて、「こういう事はしたくないから助けてくれ!」というふうに言っているメッセージを発している気がします。

 

 

 

J: その魂達は困っているという事ですか?

 

SC: そう。その魂は困っている。

 

J: 日本にもそのような所はありますか?

 

SC: 日本にはそういう種類の存在はいなさそうですが、東京タワーの根元のところが見えました。東京タワーの下に小さな林や公園があって、その芝公園にもメッセージを発するものがあり、東京タワーの電波だけでは伝わらないのでメッセージを伝えたいと思っています。

 

J: そのメッセージを今伝えていただけますか?

 

SC: セミが鳴いているような自然な状態をずっと保つことができるよう、これ以上を色々なものを壊すな。車の排気ガスなどで気候が暑くなることで、今のようにセミがちゃんと暮らせなくなるようなことをするな。というメッセージのような気がします。

 

J: 彼自身は自然を壊していないと思いますが、どうすればいいですか?

 

SC: 彼は皆に(メッセージを)伝える必要があります。(多くの人へ)広く広める方法で伝える必要があります。(他の人へ)働きかける事が必要です。友達に言うぐらいでは足りないので、もう少し大きな力にして頑張って欲しい。自分自身が動くのではなく、別の、親しい人などにうまく伝えるのがいい。その人達が自然を壊さないメッセージを皆へうまく伝え、その人たち自身の生活や今困っている事を、合わせて解決出来るような状態に出来る事が一番いい。

 

J: もしそのメッセージを伝えられなかったら、皆が自然を壊し続けたらどうなるのですか?

 

SC: 灼滅地獄、暑い地獄になって地球は焼けて皆死んじゃう。じりじり焼けて焼き滅ぼされてしまう。

 

J: 焼き鳥みたいに?

 

SC: そうです。そんな感じがします。皆の肌が焦げる。

 

J: そんなに暑くなる?

 

SC: そんなに暑くなります。

 

J: どうしてそんなに暑くなるのですか?

 

SC: 自然がなくなるからです。一年中に夏になって涼しくなくなる。一年中にセミが鳴いているそういう暑い世界になっちゃう。

 

J: 今年の夏は特に暑いですよね。

 

SC: 今年の夏は、もういい加減に好き勝手な事をやめないとだめ!というふうに皆に気づかせるためにそうしているけれども、中々人間は気づけないでいる。暑くさせているのは人間がそうさせているせい、人間が地球や宇宙を守らないとだめ。

 

J: 自然、木などあったほうが涼しくなるのですか?

 

SC: 木は沢山あったほうがいいし、水は粗末にしてはいけない、水はもっと大切にしないといけない。

 

J: 普通の人は、自然を壊したくないと思っているのではないかと思うのですが、どうして自然が壊れているのですか?

 

SC: 自然を壊す事によって儲かる人達が沢山いる。儲かる人達は自分達の事しか考えていないから、次の世代の事とか地球の事も考えていない。それだけではなく、月とか、他の惑星とかにいる他の人たち、生物なのか、どういう存在かはわからないが、宇宙に悪い影響を汚している、それに気づかずにいて、今ここで何か手を打たないと地球だけじゃなくて他の宇宙の人達に迷惑がかかる。目では見えないけど、直接的なものではない、電波みたいなものが飛んでいます。悪い電波が飛んでしまって他の星に悪い影響を与える。先が真っ暗で分からないけれど、土星とか、木星とかの間に電波は飛んでいて、もっと遠くの星の方に届いている気がします。

今の内に悪い影響を止めないと、「地球は何をやっているんだ?」と言われて、我々自身の命や地球が危ない目に合うような気がします。

 

J: 他の星も危ないですか?

 

SC: 他の星は、「先に地球を滅ぼしてしまいえば、他の星がまだこの先生きることができる。先に地球をやっつけてしまえ」というふうに考えて地球がつぶされてしまう気がします。そうならないように私たちは注意しなければいけないし、自分勝手なことをやめないといけない。

 

J: 地球はなくなるという可能性があるのですか?

SC: 今、(人間が問題に)気づかないと地球は無くなってしまう。(無くなるのは)蒸発してなくなってしまう。地球は消しゴムで消すみたいに宇宙から消えてしまう。

 

次回は偶然同テーマとなった、別の方と行なったセッションをお伝え致します。

 

 

©Jane Ishii 2018

You may copy and redistribute the contents of this blog article as long as the body of the text is not altered in anyway and is presented as quoted text. The text must be complete with the links below included.

 

Jane Ishii

Level 3 QHHT® Practitioner

Japan & Australia

www.bicomyokohama.com

www.bicomyokohama.net

https://www.facebook.com/bicomyokohama/

https://www.instagram.com/bicomyokohama/

https://www.youtube.com/channel/UCvXsSBDxIBreRluOPL03D_g?view_as=subscriber

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

働き過ぎの原因は? ~ローマ時代の奴隷の過去世

February 8, 2018

1/1
Please reload

Recent Posts